ネブリハ大学の特徴


  • 少数精鋭(現在の学生数は約4,000名)
  • 学生10名に対し教員1名の配置
  • 個々の学生に対するきめ細やかな対応
  • 通学に便利なマドリード市内のキャンパスと、緑の多いマドリード郊外のキャンパスを併設
  • 初級から上級まで、細かくレベル分けされたスペイン語教育クラス
  • 国外より、半年毎に300名以上の学生を受け入れ
  • 世界の80以上の大学と提携


インターナショナル・プログラム

海外からの学生は、スペインの大学におけるアカデミックなソーシャルライフを堪能しながら、スペイン語と英語による学習を組み合わせる事が出来ます。

  • Integrated Programmes with Spanish Students:通常の学部での学習
  • Spanish Plus Programs:スペイン語とスペイン文化の学習を、ビジネス、歴史、美術、ヨーロピアン・スタディ等の英語で行われるその他の分野の学習と組み合わせる事が出来ます。

ネブリハ大学では、最低1か月間より様々な学習期間のコースを提供することにより、個々の学生のニーズに合ったプログラムを選択頂けるようになっています。



プレースメント・テスト

スペイン語コースの初日には、個々の学生のレベルを把握するための文法、読解力、作文、会話のテストが実施され、その結果によって各自のレベルに合わせたクラス分けが行われます。



クラスの規模

Integrated Programmes with Spanish Students:クラスあたりの学生数は通常25名から30名
Spanish Plus Programs:クラスあたりの学生数は通常12名から16名



オリエンテーション

各コースの初日には学生に対し、大学の設備、マドリードでの生活(ショッピング、コンサート、観光のポイント、交通機関等)、宿泊施設(ホストファミリー、文化の違い、食事等)に関する情報が提供されます。


^